RSS | ATOM | SEARCH
『非』嫌いな貴方へ

 

こんにちは、堀です こんにちは

 

『非』の字が嫌い いや

と、生徒さんが言ってました。

私も嫌いですね(笑)

 

レッスンで『緋』の字が

現れたときの話です 鉛筆

 

※写真は私の添削の様子ですが、

 コメントは気になさらないで

 ください(笑)


だいたい
一画目の縦線⇒左へ払い
という時点から、
なんとなくその後の展開が
上手くいかなさそう・・
曲がり過ぎたら何とも言えない
変なバランスになるし・・・

 

上手く書ける自信がある字、
そうでない字、人ぞれぞれに
あると思います。

 

私なんかは『非』でいうと
左側の縦線はあまり書きたく
なくて、『月』の一画目も
同じですね。

ある程度の勢いがないと
線の肌がなんとなくなめらかに
なりにくいし、だけど勢いに
まかせて方向を謝ると、
その後すべて書きたくなくなり
ます(笑)

 

すべてを思い通りにうまく
書こうなんて、望みすぎても
キリがないというか、
効率も良いとは思えないの
ですけどね。

 

『非』嫌いな方へ
下記、参考までにご覧下さい。

これで『非』を愛する
きっかけになれば、
わずかでも救われるかな(笑)


まず『非』の筆順。

2つあって、どちらもOK

※『楷行草 筆順・字体字典』三省堂


古典の書『非』

おおっ、縦線2本がどちらも

真っ直ぐに立っています。

※『角川 書道字典』敬角川学芸出版


そして、わたし個人的に『非』を語る

 

 

では、引き続き素敵なお時間を バイバイ

 

 

 

 

author:ペン字の広場, category:-, 17:44
comments(0), -
Comment